ヘアーアイ・フェイスブック ヘアーアイtwitter ヘアーアイgoogle+ ヘアーアイYoutube
ヘアーアイ

今回は物理的刺激によりできる「シミ」についてです。

理的刺激といっても様々
化粧品始め洗剤・衣類・水道水・食べ物 空気中に含まれる有害物質などどれも”
シミ”の原因です。

 

わかりやすい例を上げると、メガネのフレームの圧迫によってできる”シミ”
フェイスブラシやナイロンタオルなどによる刺激で出来る”シミ” マッサージ
もやり方が悪いと”シミ”を作る大きな原因です。

洗顔方法も一つの要因 ゴシゴシ洗顔は× こすると摩擦で肌が傷つくのです。

後天的にできた”シミ”は、真皮層にまでメラニンが落ちてしまった場合(見た
感じ”シミ”の色が茶色というより黒くなってる)のような特異なケースは除き
必ず元の状態にまで戻すことが可能です。

ただ肌を元の状態(”シミ”がなかった状態)に戻すには一般的には”シミ”が
できた期間と同じくらいの期間が必要だと言われています。
そしてその物理的”シミ”を戻す方法とは?
一番多く用いられる方法がビタミンc誘導体です。

そのシミのでき方によってその他にもたくさんあります。

一言でお伝えできないこともありますので、
具体的なシミの状態のことをお聞きできるとよりアドバイスできるのでメールを
いただけると幸いです。
お手数なのですがご興味のある方は  usuchan_esthe@yahoo.co.jp
までご連絡いただけますか?       

私が”シミ”の状況を聞きながら丁寧にお答えしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。
次回は内臓疾患によるシミについてです。
お楽しみに。  うすちゃんでした。